消耗するピアノの内部部品

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノを永く、問題なく気持ち良く使用する上で

問題になってくるのが、ピアノ内部の部品の消耗です

製造から20年から30年でおきてくる現象がスプリングコードという紐の断線

新品の時は白かったり(緑のコードなどもある)綺麗なコード(紐)が

茶色に変色してきて遂には切れだします

この影響で鍵盤が戻って来なかったりして弾けなくなる症状がでます

(下写真①のスプリングを引っ掛けてる茶色くなった紐)

切れる前に、一度にやると大変なので、20年ぐらい経ったピアノは

10本ごとぐらい7,8年掛けて交換してゆくように当方ではやっています

frenji2

(これを下写真②のように新しい紐と交換)

frenji4

調律しながら交換するので、一気には出来ませんが(写真③)

こんな風に年に数本交換してゆけば、また20年以上は安心ですしね

IMG_1865

(下の写真④)別のピアノですが、製造されて約30年のピアノです

10年近く放置されてたのもあり、ほとんどのスプリングコードが切れてしまっていました

frenji4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です