ピアノの各種寸法に想う

前のブログでも書いたように、先日ピアノの先生宅の「ピアノ鍵盤フェルト」の全交換をやりました。

それによって鍵盤の高さが変化したので、一からのタッチ調整のやり直しになったのですが

鍵盤の高さを合わせ、深さを合わせ、弦への最小接近の寸法を合わせ、ドロップという小さな戻りを合わせ

打弦距離と言われる、「運動をさせてない時のハンマーから弦までの距離」を合わせると

「弾いて心地良いな~」と思う設定の距離は、打弦距離を計る治具にまさに「ジャスト」になったのです

「なるほどな~、、、」と今更のように感心してしまいました。

 

縦型のピアノのにしても、これは同じ事でして

ある技術者が、「連打が効きやすいから、ハンマーストップを早めにした方が良い」と言われてまして

聴いて自分もそのように思ってた次第ですが、やはり「メーカーの意図する寸法には意味がある」と思ったりします

ヤマハはダンパーと呼ばれる弦の鳴りを開放するシステムの始動を一般のピアノより少し早めに調整する指定をしています

足で踏む時のダンパーのタイミングではなく、普段の打弦時の弦を開放するタイミングです

これはタッチの重さと絡む要素なので「それがメーカーの意図する重さ」なんじゃないかと思うのです

 

考えてみれば、経験の浅い技術者がタッチを調整するとき

「心地良いタッチ」を、はっきりと技術者が掴んで居ないケースもあるかも知れませんから

メーカーにしてみれば、自社のピアノを守る為には各部の寸法を指定しますよね

「この調整さえしてくれれば、全ての技術者が自社の意図するものを再現する事が出来るんじゃないかと、、、」

 

現在は尚更、消音装置のついたピアノ等もありますから

技術者サイドは「更にその奥にある寸法」をも見い出す必要があるのかも知れませんね

 

ピアノ鍵盤のガタツキは音まで変える

先日の事、付き合いの長いピアノの先生のピアノの鍵盤の横方向のがたつきが大きく

もうちょっとした調整では追いつかなくなったので、とりあえずよく使う鍵盤

(和音をひく中低音部からメロディを引く中高音部まで)

鍵盤の真ん中に張ってある、鍵盤の左右の保持をするバランスブッシングクロスというクロス(硬い布のようなもの)

を時間の許す限り交換しました。

先生のピアノはグランドですが、写真を撮ってこなかったので、分かるように

違うピアノですが縦型の鍵盤のバランスブッシングの写真が下のものです

「赤いフェルト」が鍵盤に張り付けてあるのですが、それが長年の動きによる擦れで磨耗します 

交換して、弾いてもらうと

「音まで変わった!」って先生が喜んでおられて

私も弾いてみたのですが、そういう感覚があるのですよ、調律もまだしていないと言うのに、、、

いままで、左右のブレが打弦時に生じてたのでしょう

それで、「ブレもなく上がるようになったハンマーの奏でる音は以前の音より綺麗になった」のだと思います

これは、僕も予想外の事でした。タッチは勿論よくなると思っていたのですが音までとは、、、

 

 

ピアノにはまだ色々なフェルトが使用されています

それらは年月でも磨耗するし、圧縮もするし

また害虫などによって食われるケースも頻繁に発生しています

下の写真の鍵盤の中央の支点部に鍵盤を座するようにセッティングされてる

「この赤い丸いクロス」は、本当によく虫食いにやられてます

この「赤い丸いフェルト」

例えばフェルトの手前の部分をハサミで切ってみるとタッチが軽くなるのですよ

タッチ変更の手段のひとつとして使えるのかも知れませんが

デリケートで安定性を考えると使いずらい手段かも知れませんね

それほどフェルトでピアノが影響を受けるという一つの証明です

 

害虫防止には、タンスなどに入れる防虫剤などが有効です

「タンスにしまっておいたジャケット等が虫食いにやられた」という方は

ピアノにもその虫は入ってきますので、防虫対策を調律師さんと相談して下さいね