ピアノ鍵盤のガタツキは音まで変える

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の事、付き合いの長いピアノの先生のピアノの鍵盤の横方向のがたつきが大きく

もうちょっとした調整では追いつかなくなったので、とりあえずよく使う鍵盤

(和音をひく中低音部からメロディを引く中高音部まで)

鍵盤の真ん中に張ってある、鍵盤の左右の保持をするバランスブッシングクロスというクロス(硬い布のようなもの)

を時間の許す限り交換しました。

先生のピアノはグランドですが、写真を撮ってこなかったので、分かるように

違うピアノですが縦型の鍵盤のバランスブッシングの写真が下のものです

「赤いフェルト」が鍵盤に張り付けてあるのですが、それが長年の動きによる擦れで磨耗します 

交換して、弾いてもらうと

「音まで変わった!」って先生が喜んでおられて

私も弾いてみたのですが、そういう感覚があるのですよ、調律もまだしていないと言うのに、、、

いままで、左右のブレが打弦時に生じてたのでしょう

それで、「ブレもなく上がるようになったハンマーの奏でる音は以前の音より綺麗になった」のだと思います

これは、僕も予想外の事でした。タッチは勿論よくなると思っていたのですが音までとは、、、

 

 

ピアノにはまだ色々なフェルトが使用されています

それらは年月でも磨耗するし、圧縮もするし

また害虫などによって食われるケースも頻繁に発生しています

下の写真の鍵盤の中央の支点部に鍵盤を座するようにセッティングされてる

「この赤い丸いクロス」は、本当によく虫食いにやられてます

この「赤い丸いフェルト」

例えばフェルトの手前の部分をハサミで切ってみるとタッチが軽くなるのですよ

タッチ変更の手段のひとつとして使えるのかも知れませんが

デリケートで安定性を考えると使いずらい手段かも知れませんね

それほどフェルトでピアノが影響を受けるという一つの証明です

 

害虫防止には、タンスなどに入れる防虫剤などが有効です

「タンスにしまっておいたジャケット等が虫食いにやられた」という方は

ピアノにもその虫は入ってきますので、防虫対策を調律師さんと相談して下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です