ピアノの各種寸法に想う

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のブログでも書いたように、先日ピアノの先生宅の「ピアノ鍵盤フェルト」の全交換をやりました。

それによって鍵盤の高さが変化したので、一からのタッチ調整のやり直しになったのですが

鍵盤の高さを合わせ、深さを合わせ、弦への最小接近の寸法を合わせ、ドロップという小さな戻りを合わせ

打弦距離と言われる、「運動をさせてない時のハンマーから弦までの距離」を合わせると

「弾いて心地良いな~」と思う設定の距離は、打弦距離を計る治具にまさに「ジャスト」になったのです

「なるほどな~、、、」と今更のように感心してしまいました。

 

縦型のピアノのにしても、これは同じ事でして

ある技術者が、「連打が効きやすいから、ハンマーストップを早めにした方が良い」と言われてまして

聴いて自分もそのように思ってた次第ですが、やはり「メーカーの意図する寸法には意味がある」と思ったりします

ヤマハはダンパーと呼ばれる弦の鳴りを開放するシステムの始動を一般のピアノより少し早めに調整する指定をしています

足で踏む時のダンパーのタイミングではなく、普段の打弦時の弦を開放するタイミングです

これはタッチの重さと絡む要素なので「それがメーカーの意図する重さ」なんじゃないかと思うのです

 

考えてみれば、経験の浅い技術者がタッチを調整するとき

「心地良いタッチ」を、はっきりと技術者が掴んで居ないケースもあるかも知れませんから

メーカーにしてみれば、自社のピアノを守る為には各部の寸法を指定しますよね

「この調整さえしてくれれば、全ての技術者が自社の意図するものを再現する事が出来るんじゃないかと、、、」

 

現在は尚更、消音装置のついたピアノ等もありますから

技術者サイドは「更にその奥にある寸法」をも見い出す必要があるのかも知れませんね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です