ほんの0.2ミリの事なれど

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の仕事先のピアノの事

なんだか少し物足りなさを感じる

やや鍵盤の深さが浅いようで

調べてみると、バランスクロスの長年経緯の磨耗によるものと思われ

原因のバランスクロス(これが鍵盤の下に入ってます)

左が古いもので、右が新しいもの、ほんの少し古いものが薄くなってます

本来なら全交換と行きたいけど、先日別のピアノの虫食いで30個ほど使っていて

88鍵分は今日は持っていなかったので

クロス全交換は来年にということでとりあえず

鍵盤中央の筬に薄い紙を挟みこんで、今回はそれでしのぎます

来年、交換するとメモすると共に抜きやすいように

ピンクの紙を見えるようにして挟みこみました

これによって、鍵盤の高さが手前では紙の厚み倍の高さ変化します

片手で写真を写すのも困難で見ずらくて申し訳ないですが

通常鍵盤は棚板から白鍵の上部まで(UPピアノ)64ミリ~66ミリ

それが上写真のように64に届くかな~という高さだったのですが

64ミリは越えてくれて、64.2~64.3ミリといった高さに変わりました

これによって鍵盤深さが、測定位置で「0.15ミリ」ほど88鍵全般に深くなりました

偶然にも狙った寸法に入りました

タッチはなんだか「わお~っ、ソフトというかシックリ感がきたーーー!」的な

でも、本当はクロスを変えましょうね

以上、ピアノの消耗部品のお話しでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です