• ピアノの調律 音を良くしたい、タッチを良くしたい、連打を速くしたい等の要望に応えます
  • ピアノの修理 しばらく使っていず放置してしまったピアノの再生
  • ピアノの移動 引っ越しなどで移動が必要になった時、プロのピアノ運送業者をご紹介
  • ピアノの販売(新品・中古に関わらず)
  • 消音装置 音の迷惑の問題などから、ピアノの消音装置を取付け
  • グランフィール 縦型ピアノの連打性を向上させる「グランフィール機能」の取付け
  • ピアノ教室 大津市唐橋町でピアノ教室を展開

30年以上のキャリアを持ち、調律師協会会員、スタインウェイジャパン協会会員です。

定期ピアノ調律料金(1年間隔) 縦型 11000円(税別)
定期ピアノ調律料金(1年間隔) グランド 12000円(税別)

 

ただでさえ練習というのは面白くは無いものです。それならば、出来る限り弾いていて心地が良いというピアノを用意してあげたい。弾きにくいのに練習する気になる筈がないですよね

 

当店の特徴は、ピアノのタッチ調整を長年試行錯誤して来ました。特に縦型ピアノのタッチ調整には自信と誇りを持っています。弾いていて心地よく連打性が良く、弾きたくなるピアノに仕上げる事に使命を感じています。(タッチというものもまたズレてゆくもの、新品の時から変化してゆきます。良い感覚になるには2,3度調整を繰り返す必要もあります。)

 

「長年調律せず放置したピアノ」

 

長く放置されたピアノで怖いのは、内部の弦など金属の「錆」フェルトの「虫食い」木部の「腐食」
これらの状況で調整に掛かる費用が変わってしまいます
何年調律していないから「何円!」と言えるものでなく、内部を確認しないと難しいものです

 

しかし、見てからというのは正しい事なのですが、お客様の立場として何の情報も与えられないとなると、考える材料にもならないのは、また困る事ですよね、なので「一体こういう場合って復旧には?」という例を挙げておきますね(注)調律料金は含まれていません

 

「虫食いの例」(タンスで洋服に穴を空ける虫はピアノの中にも入ります」
※バランスクロスがボロボロに食われていた場合・・・鍵盤の下のクロスが食い荒らされてる場合は、クロスの交換、鍵盤高さの調整のやり直し、鍵盤深さ調整のやり直し、この修理代金は1万円程度です。別のクロスなど虫食い箇所が増えると費用が増えてしまいます

「錆の発生が酷い」(ブライドルテープと呼ばれる皮つきのコード系の腐食など)
※弦の錆落とし、バランスピン、フロントピンの錆落とし、ブライドルテープの交換、程度にも寄りますが2万円程度の費用が生じます

スプリングコード切れを起こしている場合」
※非常に多くみられるケース、スプリングを引っ掛けている紐が全体に弱って切れている、ハンマーと呼ばれる弦を打つ部品の動きが硬くなって動き辛い場合、コード交換とピン交換調整が必要になります。この場合の費用は、平均で2.5万円から3.0万円ぐらい要します

「低音弦が響かなくなっている場合」
※低音部は巻き線になっていて、いわばこの巻きが緩んでしまうのです、1,2本の場合は弦に密着させる処置をして治すので、費用はお安いものですが、全体に問題があると交換を要します。低音部の弦全交換は6~7万以上の費用が掛かります

 

このように、放置しているとやっぱり得する事などありませんよね

問題なく鍵盤調整と調律で済む場合は、作業時間で料金を決めています。定期調律は2時間ぐらいなので、3時間を要する場合は1.5倍、4時間近くになる場合は2倍が目安です、3時間近くは掛かりますね

 

ご依頼はこちら、大石ピアノ調律サービス
電話(077)576-2236

作業例を見てみましょう

上写真は鍵盤の深さの調整の様子

鍵盤の下には写真で見てもらってるように、一つ一つの鍵盤に
緑色の丸いクロスの下に左側にあるような紙を入れて深さの調整をするようになってます
黄色で0.15ミリの厚み、白で0.3ミリ、灰色で0.6ミリ。これを組み合わせます
ピアノは「アフタータッチ」が命です。そこが電子ピアノとの圧倒的な違い
このペーパーと他の寸法の関係性ででアフターの量を調整する、ピアノ調整の肝です!

上写真は叩き終ったハンマーが次の打弦の為にストップを掛ける距離の調整の様子

この打弦を止めるって感覚は、「鐘を打つようなもの」かも知れないと思う事があります。
適度に鐘を打ってからハンマーを離すようにしてやった方が、鐘は美しく響きますよね
特に高音部は美しく感じるように思います。
しかしアフタータッチと呼ばれる抜け感や、打弦の連打を思うと距離はあまり離せません
10ミリ程度の方がタッチはすっきりする。見逃されガチですが、まさに技術の見せ所です

滋賀県の某所にて、エテルナピアノの復旧を依頼されました。
エテルナは中身はヤマハです

(上写真)ハンマーは硬いだけになってしまっていて、汚れてもいて
音は「ペシペシって表現がぴったりな」薄っぺらい音でした

(上写真)ファイリングという作業を行いハンマーをさらに硬化処理(あとで打弦部近くを柔らかくする為、芯を残す下処理)、その後やや柔軟性を持たせピアノらしい音に戻しました
ハンマーフェルトの種類や製造年代でどう処理するかを選択しての作業です

続いて、鍵盤を外して下部の状態をチェック

(上写真)外してみるとホコリだらけ、オマケにフェルトの虫食いがありました
放置すると多くの場合フェルトを食う虫の被害に遭います
フラノ地の洋服い穴を空ける虫がピアノのクロスを狙って内部に侵入するのです
ピアノの中のフェルト、クロスって虫にすれば有り難い餌なんですよ
クロスがボロボロになって寸法がバラバラになっていました

(上写真)掃除をしホコリを除去、ピンなどを磨きました、ピンが錆びたり汚れたりしていると
雑音が生じたり、ザラザラがヤスリの状態になって、更にクロスを痛めます。これ案外重要な事なのです。
ちょっと映りが悪くて確認できませんが、ピンはかなり綺麗になっているんですよ。
こういう面もあり定期調律が1年以内とか必要になってくるのです

 

2019年1月28日

甲賀町にある施設で河合製の40年~50年近く経過したピアノを修理して来ました
残念な事にネズミに木部をかじられていて、更にクロスは虫食いでボロボロ
貼り替えをして、ハンマーは硬化などを施して音質を調整しました。
芯の音は保って弾力性を加えたかったのですが限界はありました、でも練習には充分使えるピアノに戻りましたよ

下の左写真のように、鍵盤のフェルトが虫食いに、、
右写真は修理後