ブログ

平成31年1月3日

明けましておめでとうございます。本年も大石ピアノ調律サービスをよろしくお願いします。
昨年の秋ごろに、パソコンがクラッシュしまして、ウインドウズ7からウインドウズ10にパソコンごと入れ替えせざるを得なくなってしまいました。ソフトも入れ替えで、新しいビルダーの使い方に苦労しようやくホームページの更新をする事が出来ました。Wordpressは更新の反映がうまく行ったり行かなかったり不安定なので、とりあえず不採用にしたのでデザインも変わってしまいましたが、ブログも迷惑なスパムコメントばかりだったので、大きな支障はないかなっと、また徐々に充実させて行こうと思いますので、どうぞよろしくお願い致します



平成31年1月8日

元号が5月に変わるそうで、どういう文字になるのでしょうね
色々取り決まりがあるようで、日本はアルファベットじゃないから「ゲン担ぎ」みたいな「平」なら平和とか、そんな事を考える、面白いというかややこしい民族で「病」とか「苦」とかは外される、
あと画数も何画以内とかあるようで、「趯」こんな字はダメなんでしょうね(笑)履歴書とかで書くのに非常に時間が掛かるものね(笑)
モノの名前を付ける時って苦心します「会社名」でも悩みました。「大石ピアノ調律」で良かったんだと思いますが、「サービス」を付けたいって思ったんですね当時の僕が、なにかこう提供しようと言うイメージを訴えたかったんですね、それなら「大石ピアノ調律サービスイメージ」でも良かったのかも、
「親切なんとか」って会社とか、介護施設とか、なんらかであるような気がしますが、「親切ピアノ」でも良かったのかも知れません。でも格好も少しぐらいはつけたいしね~、そう言えば介護施設の名前って車で見つけて「面白いな」って思うもの時々ありますよね

まぁこの元号も何人かで相談されるらしいですが、悩んでくださいな

平成31年1月14日

話題のQueenの映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観て来ました
最初の30分ほどは、売れるまでの再現ビデオのような内容で、いささか退屈してしまい、ウトウトしてしまいました。ストーリーが進んできてLIVEシーンになると、バンド全員がよく本家の動きを摸写してるのに感心して
画面に惹きつけられました、
 思えば、「Live Aid」はリアルタイムでテレビの前で釘付けになって観ていた「Paul McCartney」が出てきた瞬間には、ホント鳥肌が立つというものでその記憶は鮮明です、他には「マドンナ」「ウルトラボックス」「ツェッペリン」辺りが印象深いですが、「Queen」も抜群のステージでした。しかしフレディがそれほど体調を崩していたとは、全く知らずで驚きです。その後エイズをカミングアウトして亡くなるまでは、とても短い時間だったと記憶していて調べるとエイズを公表した翌日に亡くなってるんですね~。公表は会見を開いたと思っていたのですが、コメントのみだったようです。1991年に亡くなる訳ですが
 Live Aid 1985年か~ピアノ調律の専門学校に通う直前の頃です。僕の人生もこの年ぐらいから、大きな流れに飲み込まれるように本当の人生が始まったと言っても良いような気がします。これから先は良い事だらけでありますように