ピアノ調律 音を良く、タッチ感、等の要望に応えます
ピアノ修理 使っていず放置してしまったピアノの再生
ピアノ移動 安心のプロのピアノ運送業者をご紹介
ピアノ販売 中古ピアノ・新品等に関わらず
ピアノ消音装置  消音装置、連打性の向上「グランフィール」取付け

定期ピアノ調律料金
 (1年間隔)
縦型 12000円(13200円税込)
定期ピアノ調律料金
 (1年間隔)
グランド 12000円(13200円税込)

 (注)前回調律から1年以上経過したピアノの料金には加算が生じます。

 

ピアノ調律師として35年以上のキャリアを持ちます。(経歴:京都ピアノ技術専門学校、ヤマハテクニカルアカデミーなどで研鑽、滋賀ヤマハ系特約店に就職後、独立し27年以上になります。)

 

「調律せず放置したピアノ」について

 

長く放置されたピアノで怖いのは、内部の弦など金属の「錆」フェルトの「虫喰い」木部の「腐食」
これらはピアノの大敵です
 更に弦の張力を支えるチューニングピンというものがあるのですが、抵抗の為の摩擦力のようなものを失うのは、放置による大きな音の緩みが原因です、大きくピンを廻すと言わばピンの周りが削れてしまうとイメージして下さい。放置はどんどんと調律保持力のない音が狂い易いピアノになってしまいます

 

調整が大変な場合もあって、逆に意外とお安く済む場合もあります。ご予算を私にハッキリ伝えて頂く事も重要で良い事だと思います。その上でピアノに対して正しい判断でお客様に向き合った処置を心がけています

 

 

ご依頼はこちら、大石ピアノ調律サービス
電話(077)576-2236

作業例を見てみましょう

 

 

上写真は鍵盤の深さの調整の様子

鍵盤の下には写真で見てもらってるように、一つ一つの鍵盤に
緑色の丸いクロスの下に左側にあるような紙を入れて深さの調整をするようになってます
黄色で0.15ミリの厚み、白で0.3ミリ、灰色で0.6ミリ。これを組み合わせます
ピアノは「アフタータッチ」と呼ばれる「弾いた最後の辺りに『トン』と小さく落ちる感触」が命です。そこが電子ピアノとの圧倒的な違い、電子ピアノにはそれが有りません
このペーパーと他の寸法の関係でアフターの量を調整する、ピアノ調整の肝です!
技師で業界で超有名な先生が研修で「この感覚を覚えろ!」と私達に何度も言われました



 

上写真は叩き終ったハンマーが次の打弦の為にストップを掛ける距離の調整の様子

この打弦を止めるって感覚は、「鐘を打つようなもの」かも知れないと思う事があります。
適度に鐘を打ってからハンマーを離すようにしてやった方が、鐘は美しく響きますよね
特に高音部は美しく感じるように思います。
しかしアフタータッチと呼ばれる抜け感や、打弦の連打を思うと距離はあまり離せません
12ミリ~15ミリ程度がタッチはすっきりする。それより短いと抑え込むような「余分さ」が感じ取れて良くなく、長いと弾き心地が「もたつく感覚」が来る。連打性も落ちるでしょう、見逃されガチですが、まさに技術の見せ所です

 


(上写真)ハンマーは硬いだけになってしまっていて、汚れてもいて
音はまさに「ペシペシって表現がぴったりな」薄っぺらい音でした

 

(上写真)ファイリングという頂点の形を円形に戻すように紙ヤスリで削る作業を行い、ハンマーをさらに硬化処理(あとで打弦部近くを柔らかくする為、芯を残す下処理)、その後表面をやや柔軟性を持たし直し、ピアノらしい音に戻しました
ヤマハに合うやり方、河合に合うやり方、それぞれ違います。ハンマーフェルトの種類や製造年代でどう処理するかを選択しての作業です

 

 

(上写真)鍵盤を外してみるとホコリだらけ、オマケに赤いフェルトに虫喰いがありました
放置すると多くの場合フェルトを喰う害虫の被害に遭います
よくフラノ地の洋服に穴を空ける虫がいます、防虫剤の宣伝で「タンスになんとか」で防止するあの害虫です。ピアノのクロスにも、それを狙って鍵盤の隙間等から内部に侵入して喰いまくるのです
ピアノの中のフェルト、クロスって虫にすれば美味しい餌なんです
クロスがボロボロになって寸法がバラバラになっていました。フェルト交換を行い、厚み調整を一から行う事になってしまいました、時間の掛かる調整です。

 

2019年1月28日

甲賀町にある施設で河合製の40年~50年近く経過したピアノを修理して来ました
残念な事にネズミに木部をかじられていて、更にクロスは虫食いでボロボロ
貼り替えをして、ハンマーは硬化などを施して音質を調整しました。
芯の音は保って弾力性を加えたかったのですが限界はありました、でも練習には充分使えるピアノに戻りましたよ


【追記】

最近、ピアノの中古の個人売買のオークション等を見ていて、高額な入札をされている事態に非常に心配をして見ています、30年程経過したピアノに起こりえる、整備が必要な項目を簡単に上げるなら、低音部巻き線の劣化、ハンマーフェルトの弱り、フレンジコード切れ、鍵盤のバランスやフロントクロスの減りや虫食い、中高音部ピアノ線の錆、それに加えて音程を安定させるまでに要する調律、製造15年以内の商品なら、運良く4,5万円の費用で済む事もあるかもですが、30年物ならラッキーでも最低10万円は考慮して入札するべきなんです、低音部巻き線の交換やフェルトの状態が悪いと18~25万円ぐらいは軽く掛かりますよ(ご参考までに)